• 居宅

☆ 百歳 万歳 ☆ 自分らしい生活とは・・

少しずつ寒さが厳しくなってきました。

インフルエンザやコロナ感染拡大を予防するため、新しい生活様式の実践を

今以上に強化して健康で過ごしたいですね。




さて、今年の敬老の日に全国で百歳以上の高齢者は初めて、8万人を超えたそうです。

中でも女性が占める割合は、8割とのこと。

すごいですね!




そして、長与町では今年度の9月末現在の百歳以上の高齢者は24名でした。

そのうち男性は2名です。  

皆様、おめでとうございます。





今回、めでたく百歳を迎えられたO様をご紹介します。







長与町生まれの長与町育ち。

極寒の地で戦争経験を経て帰還され、国鉄職員となり生活をされていました。

お若い頃は鯉の飼育をして品評会で賞をとる腕前。現在は、カメラで写真を撮ることを趣味とされています。




ケアプラの目標は、もちろん「百歳を元気に迎えること」

O様はカレンダーを1日1日消しながらこの日を迎えました。

達成に向けて、デイケアでのリハビリ指導を受け、また、トロミがついた食事は好まないというこだわりに、デイケアスタッフが寄り添い指導、誤嚥性肺炎の予防に取り組んでいただきました。




ご家族も日々の体調管理と季節ごとに趣味のカメラ撮影ができるように日帰りで行ける小旅行を計画して楽しみが持てるように支えてこられました。

最近は、大島の早咲き桜を見に行かれたそうです。




O様が撮影した写真は「(外出に)行けない人にも見てもらいたい」とのO様の想いから、お孫さんが現像してくださりデイケアへ持参され他の利用者様にも見ていただくことができました。

素晴らしいですね!




入退院を繰り返している奥様も、この日は退院したばかりで傍で横になっていたのですが、

一緒に写真を撮らせてほしいと言う私のリクエストに、すっと立ち上がりこの表情。




お二人ともとてもお似合いのご夫婦です。ご協力ありがとうございました。



最後にO様に次の目標はとお聞きすると・・・

「(東京)オリンピックを見ること!」でした。人生100歳時代、日本は健康寿命が世界一の長寿社会を迎えています。




ケアマネジャーは一人一人の生活や想いに寄り添ったお手伝いをさせていただきます。

お悩みの点がございましたらお気軽にご相談ください。



87回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示