マネジメントレビュー☆

2019/03/05

事業目標に対する半期毎評価がありました。今年度の頑張りはどうだったか、スタッフ個々から聞き取り、所属長やリーダーがまとめて管理者へ報告します。 

 

 

施設の理念や基本方針に基づき、また今年度指針から導き出した目標に対する計画、具体的行動からの評価、そして課題と次年度に向けた新たな目標へとつなげていきます。

 

P(計画)D(実行)C(評価)A(カイゼン)サイクルが回り、継続的な改善をすることでより良いサービスの提供ができるよう努めていきます。

 

介護の現場でも、介護ロボットやICT化を進めていく必要性があり、介護職員の負担軽減や利用者入居者の安心・安全なケアの向上を図るため、進化を遂げなくてはなりません。新しい情報からメリット・デメリットなど整理、分析をし、正しい判断や見極めできる力もつけていかなければいけません。

 

マネジメントレビューの中でも、導入に向けた前向きな姿勢を打ち出し、動き出そうとしているところです。 M・A

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

もりのほいくえん英語保育見学会のお知らせ

2019/11/03

1/1
Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ