Today birds Tomorrow Humans

   ”野鳥たちの今を知ることで、私達ヒトの未来が見えてくる。”

 

 趣味のバードウォッチングを通じて自然保護活動を行なっている、

 特養さくらユニット職員が長崎新聞「あの人この人」に紹介されました。

 

 

  

記事本文中にある野鳥については、

 

和名:ミサゴ(魚鷹)

体長:54-64㎝(トビと同じ位)

 

魚類を捕食するタカの仲間。

海岸沿いや河口付近に生息。

準絶滅危惧種に指定されているが、

沿岸部の多い長崎県では見る機会の

多い猛禽類。

 

 

 

 

 

 

和名:アカヒゲ

体長:14cm(スズメと同じ位)

 

南西諸島から長崎県男女群島までの

島嶼域のみに生息する。雄は喉元が黒く髭をはやしているように見える事から、この名が付いた。

(2013年、長崎市で撮影された個体は雌)

 

 

 

 

 

 

和名:マミジロキビタキ

体長:14cm(スズメと同じ位)

 

日本各地に夏鳥として飛来する

キビタキに似ているが、目の上の眉斑が白いことで区別できる。

日本では繁殖せず、春と秋の渡り期に

日本海側の島嶼などで少数が確認される。

 

 

 

 

 長崎には沢山の野鳥たちが訪れる様なので、興味のある方は野鳥観察に出かけてみませんか。                                                                                       Y

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

のぞみの杜 年忘れコンサート🎶

2019/12/05

1/2
Please reload

最新記事